服装指数とは?旅行の服装を決めるのに便利

ドレスコード一覧

旅行の服装の判断基準

旅行の服装…それなりにお洒落はしたいですが、歩くようであれば靴選びは慎重になっておきたいですし、天気や機構の関係もありますよね。旅行の服装に悩む場合、服装指数が比較的便利です。国内で旅行をするとしても、北と南では相当違います。太平洋と日本海側でも違いがありますしね…。そこで服装指数というわけです。

10 ・・・ダウンジャケット着たほうが良い。
20 ・・・マフラーと手袋が必要。
30 ・・・コートを着ないと結構寒い。
40 ・・・セーターが必要。
50 ・・・薄手のカーディガンがあると良い。
60 ・・・朝晩は上着があったほうが良い涼しさ。
70 ・・・昼間は長袖一枚で十分。
80 ・・・半袖で過ごせる。
90 ・・・Tシャツ一枚で過ごせる暑さ。

となっています。

今の時期は沖縄と北海道では大差があります。行くところの服装指数を調べることで、荷物の準備などもしやすいかと思います。余計なものを持っていく手間が省けますし、あってよかったと思うものを用意することもできますね。

もし、高級なレストランへ行く予定なら、ドレスコードに注意

高級レストランではふさわしい服装というのがあります。それがドレスコードです。しかし、高級レストランと言われているところでも、ドレスコードがないというところは多数存在します。しかし、ないということはなんでも良いのか・・・となると微妙な話です。そのレストランがどのような人が使用することが多いのかでやはりふさわしい服装というのはあります。

迷いすぎた場合には男性であれば無難にスーツで行けばまず間違いはないと思います。女性に関してもそうですが、キレイめのワンピースなどでも良いでしょう。出来ればジーンズ、Tシャツ、サンダルなどの軽装を避けておけば良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。