乗継便に乗り遅れないためには?もし乗り遅れたらどうする

飛行機の乗り換えを失敗しない方法

行先によっては乗り換えが必要なこともありますが慣れない人にはなかなかハードルが高いかもしれません。空港では自分の判断で選択しなければならず、ぐずぐずしていると飛行機が飛び立ってしまうことも考えられるからです。そこでトラブルを避けるために、乗り換え時間は多めに見積もっておいてください。目安としては、おおむね2時間程度です。

乗り換えにおいては、乗継便航空券を同じ航空会社で購入した場合ですと、ミニマムコネクティングタイム(最低乗継時間)が設定されています。もし飛行機が遅れてしまっても、振替便の用意などの補償が受けられます。しかし別々の会社で予約した場合には、補償を受けることはできません。新たに航空券を買い直す必要があります。ただし、一度は航空会社のカウンターで交渉してみることをお勧めします。

また、無用なトラブル回避のため、搭乗券,滞在先ホテルの情報,乗継空港の情報,パスポートなど、必要な書類をすぐに出せるようにしておくことも大切です。さらに語学に自信のない方は、最終的な目的地,訪問目的,滞在先のホテル名・住所,職業などの情報を英訳するなりしてメモしておくといいです。そして本当に困ったときには、制服姿の人に搭乗券を見せながら声を掛けてみましょう。

それでも乗り遅れたらどうしよう・・・

旅にはトラブルもつきものですが、飛行機で最も恐ろしい失敗が乗り遅れです。そのボーダーラインは、国際線の場合 搭乗の40分前までとされています。「早いな」と思った人もいるかもしれませんが、手荷物検査や出国審査などの手続きがあるため、この時間を超えるとチェックインを断られることがあるのです。航空会社によっては待ってくれるところもありますが、ほとんどは遅れた人を待たずに離陸してしまいます。余裕を持って行動することが大切と言えます。もし乗り遅れてしまった場合ですが、航空券のステータスの違いでその後の対応は異なります。とはいっても、自分で判断して結論を出すのは性急すぎます。必要書類を揃えたうえで航空会社のカウンターまで行き、交渉してみてください。

ステータスによる対応の違いについては、ノーマル航空券だと 予約変更や振り替えにほぼ対応してくれます。ただ、定価販売で高額のため、購入する旅人はほとんどいないでしょう。それよりも、格安航空券で乗る機会が最も多いかもしれません。予約変更不可,ルート変更不可,他社便への振り替え不可となっています。制約があるからこその割引料金というわけです。同じように、LCC航空券も振り替えがききません。しかしながら低価格なので、FSAの格安航空券よりもダメージが少ないかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。