ホテル直前予約サイトで究極の激安予約!

世界のホテル予約サイト

ホテル予約方法の変化

近年インターネットを通じてホテルを予約する人が増加しています。このためホテルにはコンピューターシステムが欠かすことのできない重要なものとなりました。ホテルではPMSを使って管理を行っています。フロントでチェックイン・アウトの管理をし、ルームサービスなど様々なサービスの会計、予約、安全管理を行っています。

かつてはホテルに宿泊するためには、直接電話をかけたり旅行代理店へたずねて予約をするのが一般的でした。しかし時代は変化しました。一家に1台パソコンがある時代で、スマホなど携帯電話からも予約をします。予約のシステムにCRS、GDS、IRSというのがあります。

CRSとは

Central Reservation Systemの略です。旅行や航空業界の予約システムです。日本では最大級のマーケットシェアがあります。データベースを共有し、加盟しているホテルの予約を一括管理しています。

GDSとは

Global Distribution Systemの略です。世界中のホテルを予約できるしs手無です。航空会社が所有しているシステムがほとんどで世界中を網羅しています。航空券、ホテル、レンタカーなどを一括して予約できます。

IRSとは

Internet Reservaition Systemの略です。ホテル単体またはチェーンホテルの予約システムです。ネット上から個人で予約することができます。

ホテルの予約サイトの歴史

ホテルの予約システムを最初に樹立したのが「旅の窓口」です。元々は日立造船グループの写真がビジネスホテルの予約をしやすいように作られたサービスです。1996年に86件のホテル登録からスタートし会員数はサービス開始から1年で2万人を越えました。登録ホテルもあっという間に300件を越え本格的な宿泊予約サイトとなったのです。そして徐々に宿泊予約だけではなく、旅行に関する様々な情報を提供するポータルサイトとしての機能が盛り込まれるようになりました。

2000年代に入ると楽天トラベルなど競合サイトが次々とオープンするようになりました。当時は独走状態だったたびの窓口も会員の獲得が激化しました。この競争に勝ったのが楽天トラベルです。楽天トラベルは2002年にM&Aにより旅の窓口の運営会社であるマイネトリップ・ネットを買収し、サイト、法人ともに統合されました。

旅行の予約はインターネットで、というのが徐々に一般化する中旅行ビジネスに参入する企業も増えています。既存の旅行会社も、ただ手をこまねいてみていたわけではありません。ネット販売の取り組みを次々と開始しています。旅行ビジネスが激化したことにより、買収や合併、子会社化なども活発に行われるようになりました。それだけ旅行業界の評価が高いということです。

近年ではエクスペディアやホテルズドットコム、AGODAなどの外資系旅行会社も参入しユーザーにとってはたくさんの選択肢がある嬉しい状況となっています。そして、比較サイトや口コミサイトが登場し誰でも旅行の情報を手軽に引き出し予約ができるようになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。