連休から1,2日ずらせばハワイ旅行も20万円安い

ハワイ旅行

ハワイ旅行を20万円安くするには有給休暇を取得して出発日を数日ずらずだけ

海外旅行に行く場合、連休を渡航の初日などに設定すると無茶苦茶高額な料金になることがあります。逆に連休から1、2日ずらすだけで旅行代金が格段に安くなります。これはすべての旅行に共通するもので連休を外すことで、同じ航空会社、同じ宿泊先でも安くなります。例えばハワイ旅行であれば20万円近く安くなる場合もあります。人気の行先であればあるほど、その金額の差が大きくなる傾向にあります。

なぜ出発日によって料金が異なるのか?

どうしてこれだけ違うのかは、日本では欧米などに比べると連休に渡航する人の割合が異常に高く需要が供給を逼迫するからです。逆に連休を数日外せば供給が余る状態になるので、それを嫌がる旅行会社は値段を下げることで需要を掘り起こそうとするわけです。

出発日によってこれだけ旅行料金が異なるのは日本独特の商習慣

欧米などでは長期休暇などを取りやすい環境が整っているので、それほど旅費に価格差は生じませんが、日本では働いているとGW、お盆、SW、年末年始ぐらいでしか海外旅行にいくタイミングがありません。ですからその時期に海外旅行に行くとなれば料金が高いのは当たり前です。これは海外旅行だけでなく国内旅行でも同じことが言えます。

日本でパックツアーが安くなるのは何月?

このからくりを知っていれば、有給休暇を利用して数日ずらずだけで数万円から数十万円という金額を下げることが出来ます。さらに言えば、連休とまったく関係のないシーズンであればさらにお得な値段で旅行に行くことが出来ます。2月、3月、6月、10月、11月などは大型連休がなく穴場と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。