あなた大丈夫?飛行機や新幹線内でのマナー守れていますか?

kinai

旅行に欠かせないのが飛行機や新幹線といった公共の乗り物ですが、意外とマナー違反をして周囲の人に迷惑をかけているなんてことがあります。
旅行を楽しむためには自分だけではなく拾遺の人にも気を配ってお互いに快適に過ごせるように心がけたいですね。

飛行機のマナー

ペチャクチャおしゃべりはマナー違反。静かにするのが基本。

当たり前ですが飛行機内では静かにしましょう。
おしゃべりも小声がマナー。

小さいお子さんを連れて旅行をする際には大きな声を出さないように事前に言い聞かせておくことが大事です。
静かに遊べるおりがみや塗り絵などのおもちゃも用意しておくと良いですね。
散らばらず、静かに食べられるグミなどのお菓子も用意しておきましょう。
事前にしっかり遊ばせておいて、疲れさせておけば機内でぐっすり眠ってくれるかもしれません。

CAを呼ぶときにも大声を出して呼びつけてはいけません。
用事があるときには手元にあるコールボタンを押して呼びましょう。

  • また気をつけたいのが声だけではなく動作音です。
  • バリバリ音を立ててせんべいを食べる
  • 強い匂いのする食べ物を食べる
  • 香水をつけすぎる
  • 新聞の音を長いガサガサさせる
  • 貧乏ゆすりで振動を起こす

などもNGです。

シートを倒すときには後ろの人に声をかけてから

シートを倒すときには、後ろの人に声かけてからにしましょう。
後ろのシートに誰もいないときには深く倒しても問題ありませんが、誰か座っている時には深くシートを倒すのはマナー違反です。
同様にシートを起こすときにもいきなり動かすと驚かせてしまいますからシートを元に戻しますね、と一声かけるようにしましょう。

ああーうるさい!困ったときにはCAを呼ぼう!

  • うるさい乗客がいてリラックスできない
  • 大きないびきをかいて眠っている人がいて迷惑
  • 泥酔しているお客さんがいて困る

こうした時には自分で注意せずにCAさんをはさみましょう。
自分で注意して問題が大きくなってしまうとより被害が大きくなります。
迷惑なお客さんの対応はCAが一番慣れていますし、対応マニュアルがありますから、対処はおまかせしましょう。

新幹線でのマナー

新幹線でも静かに!

飛行機に比べておしゃべりをしていてもあまり気にならない環境ではありますが、大きな声でのおしゃべりはNGです。
ガムをくちゃくちゃ音を立てて食べたり、ヘッドホンからの音漏れも厳禁。
新幹線は自分の部屋ではないのですから、周囲の人に配慮してできるだけ静かにして過ごしましょう。

混んできたら荷物は膝の上へ

始発で新幹線に乗り、混雑していない時など自分が座った座席の隣に荷物を置くことがあります。
混雑していない時であれば問題はないのですが、混んできたら荷物は膝の上へ移動して他の乗客のために場所を開けましょう。

荷物を横に置いたままぐっすり夢の中……。
以外と多いマナー違反ですが、置き引きの可能性もあり危険ですから絶対にしないようにしましょう。

匂いや音のしない食べ物を

新幹線内では自由に食事を取ることができますが、強い匂いのするものや音の出る食べ物はマナー違反です。

また食事をするタイミングは乗車して間もなくです。
出発して時間が経過すると眠っている人も増えてきますから食事でガサガサ音をたてると迷惑になることがあります。
東京駅、名古屋駅、新大阪駅など大きな駅で乗客が入れ替わったらそのタイミングで食べるのが良いですね。