お金に関する旅行の裏ワザ!!旅行を楽しむためのおトク技をご紹介

moneychange

旅行に関する悩みで尽きないのが、お金。
どこへ行くにも関わらず、旅行にかかる費用に頭を悩ませることは少なくありませんよね。
まして、長距離や海外の旅行ともなれば、航空券を選ぶのも一苦労…。
肝心の観光が楽しめなかった!となってしまえば、非常にもったいない旅行になってしまいます。

そんな悩みを抱える方のために、お金に関するおトク旅行術を今回はご紹介いたします!
様々な調査を経て判明したこのおトク術を使い、お金に悩むことなく、旅行を120%満喫してくださいね!

両替は現地のATMで!ベストな両替術をご紹介します

海外旅行へ行く際、当然日本円は使うことができません。
そのため円をドルやユーロなどに両替する必要がありますが、その両替法によって、実はかなりの損得があることはご存知でしたか?

一般的な両替は大手の銀行や郵便局、もしくは成田空港など、主要な空港で行う方法ですが、実はこの方法は「最も損をしてしまう」パターンです。
急ぎの場合や緊急時には手早くできるので役立ちますが、時間に余裕がある場合、別のやり方で行うほうが大きな節約につながります。

その方法とは、現地のATMを利用したキャッシングという方法。
キャッシングというと聞こえは良いのですが、「旅行に行って、しかも旅行先で借金をするなんて…」と、眉間にしわを寄せてしまう方もおられるのではないでしょうか。

もちろんキャッシングですので金利は発生してしまいますが、30日以内(旅行内)ならば年利18%でも1.8%の金利で済むのでほとんど負担なく、銀行などの両替と比べると明らかに差が出るのです。

例えば国内空港の場合、1台湾ドルが4.18円という両替率であることに対し、現地ATMのキャッシングの場合1台湾ドルは3.73円。
これは10,000台湾ドルに直せば、4500円もの差が発生します。

もちろん金利を払ってもお釣りが出る金額なので、海外旅行で大きな金額を両替する場合、見逃せないおトク術です。
なお、お手持ちのクレジットのカードの裏に「プラスマーク」か「シーラスマーク」がある場合のみ、キャッシングを利用できるので注意しましょう。

キャッシングが嫌であればクレジットカードの買い物もあり

クレジットカードを持っている場合、キャッシングではなくそのままカードで買い物を楽しむ方法もおすすめです。
ホテルやグルメ、ショッピングなどでカードを使えば、わずかな手数料でお手軽に、かつキャッシングと同様おトクに利用できるため、活用すべきアイテムです。

ポイント還元率の高いカードであれば、高い買い物をしても商品券やキャッシュバックなどの還元があるため、結果的に両替をするよりも遥かに有効ですよ。
カード社会である国は屋台などでもカードを使える場合が多く、カード一枚を持っているだけでおトクなショッピングが可能となります。
最低限の現金のみをキャッシングで両替し、買い物は基本的にカードを使う、という方法もおすすめです。

現金派の方は金券ショップという選択もアリ

どうしてもカードを持たない主義、旅行は必ず現金を持っていく!という方は、金券ショップの両替がおすすめ。
金券ショップは比較的レートが良く、店頭の場合、郵便局や空港などと比べると約0.5円~0.8円程度の差が出るようです。

正式な金融機関での両替ではないので、偽札が混じっている可能性がある…など安定性に欠けますが、現金ならばおトクな両替法ですね。
なお、お店によっては取り扱っていない国の通貨などもあり、両替自体をしていない店舗もありますので、直前になって慌てないよう、事前の確認は必要です。

ツアーの選択はどの旅行者に?価格や丁寧度で比較してみた!

両替法は個人旅行などで役立ちますが、ツアーの場合、そもそもどの旅行会社を選択すればよいのか悩んでしまいますよね?
そんなツアーを案内する旅行代理店で最もおすすめなのが、価格のニーズに応える点においては圧倒的な実力を誇る「H.I.S.」。
独自の仕入れ情報を持っているため、他にはない格安ツアーが多く、効率的に安いプランを提供してくれます。
とにかく安いツアープランを探している場合、H.I.S.が最も役立つようです。

他の大手3社にもそれぞれ特徴がある

H.I.S.以外にも比較した3社も、それぞれメリットがありました。
学校の修学旅行などでも名が挙がることの多い「JTB」は、個人旅行からガイド付きの観光プランまで、とにかく種類豊富な旅行情報の提供が特徴。
各プランの詳細に至るまで詳しく説明してもらえるので、旅行初心者の方にはおすすめの旅行会社です。

また同じく大手旅行代理店の「近鉄日本ツーリスト」も、非常に細かな説明をしてもらえます。
価格こそは他と比べると若干高めではあるものの、旅の詳細からそのツアーの特徴に至るまで、詳しい案内があり、非常に丁寧な印象を受けました。

他社製品との比較をしたい場合は、「日本旅行」がおすすめ。
こちらではJTBなどのツアーと比較をしつつ、自社のプランについても説明してもらえるため、細かなサービスなどわかりにくい点も、一気に比べることができます。