欧米のホテルでチップが必須!チップの習慣がない日本人

ホテルのチップ相場

妥当なチップっていくらくらい?

日本人にはチップという習慣がありません。しかし、海外旅行へ行った場合はそんなわけにはいきません。旅行へ行く際にチップが必要なのかどうなのか悩んでしまう人も少なくないと思います。

チップの習慣がある国とない国があります。一番チップの習慣がある国といえばアメリカになるかと思います。表示金額の1割ほどをチップとして渡すのがごくごく普通のこととなっています。特にホテルに宿泊した場合はチップは必ず・・・だと思います。しかし、渡すか渡さないかはサービス内容によって変えても良いという人もいます。サービスが悪いのにチップを払うというのは確かに納得できません。

しかし、いつ何があってもいいように、一応チップ用のお金は常に用意しておいた方が良いと思います。海外旅行で不思議に感じたりしている人も少なくないと思います。海外へ行った場合は当然ホテルに泊まることとなります。海外ホテル チップはマナーのようになっていますが妥当な金額はいくらなのか??これは慣れている人、事前に調べている人でなければ悩むと思います。日本の旅館や女てるではチップを置く・・・というのは当たり前とはなっていませんから当然だと思います。

チップはサービスをしてくれてありがとう・・・という気持ちを表したようなものです。国によっては必要な労働賃金と考えるところもあるようですが…しかし、あまりにも少なすぎてもいけませんし、多すぎてもいけません。これが微妙なところなのですが、基本的には1~2ドルが妥当です。しかし、ホテルのグレードが高いのであれば、チップも少々高くなります。この金額の倍以上と考えていいでしょう。しかし、チップが習慣になっていない国も有ります。日本と同じですね…海外旅行先のチップの習慣を多少調べておくと、その時に困らなくて良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。