遊園地をもっとお得に!富士急ハイランド・USJのお得ワザ

watashibune

テーマパーク、楽しいですよね。
友達と行くのも楽しいし、恋人と行くのも楽しい。
結婚して子供ができたらお子さん連れで行くのも楽しい。

ですが…!
テーマパークって高いんですよね。
入園料も高いし、中で食事するのも高いし、お土産も高いし……。

そんなに頻繁に行ける場所じゃなかったりしませんか?
特に家から近いなら年パスを買ってちょくちょくなんて人もいるのでしょうか、微妙な距離にあったりすると行くとなると何年かに一度の大イベントだったりします。

今回はそんなテーマパーク+旅行にお得に行ける裏技を
2つ紹介しますね♪

富士急ハイランドに行くなら「得QPACK」!

絶叫マシンの凄さで定評のある富士急ハイランドには各地から出る高速バスで行くのが便利です。
この高速バスの往復チケットとフリーパスがセットになっているのが「得QPACK」です。

どれくらい料金がお得になるか?というと、新宿発の場合で料金は大人6700円(中高生6300円、子供4250円)です。
フリーパスの通常料金が5200円でバスの片道が1750円ですから合計8700円になります。

トータルで比較すると2000円の差ですから片道のバス代以上にお得になる計算です。
2000円あったら、ランチやお土産をちょっと豪華にできちゃいますよね。

値段は出発地点によって異なりますが、新宿、渋谷などの東京や名古屋、静岡、大阪、東京、金沢など関東から関西と幅広いエリア乗車することができます。
最寄り駅から高速バスに乗れるのが本当に便利ですね。
購入の方法は富士急行バスのWebサイトから購入するのがおすすめです。

無料で利用できる渡し船でUSJに行こう!

商人の町として知られる大阪には街中に川が沢山流れています。
渡し船の文化は明治40年から市が運営している公共の路線でもあるんです。

多くの渡し船は橋がかけられることで廃れていきましたが、現在でも8つの路線で15隻の船が1日最大69便で毎日運行しています。
利用料金は市が運営しているので完全無料!

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでは天保山からキャプテンラインが出ていますが、同じ安治川を横断している天保山渡を使えば無料で此花区の渡船場まで行くことができます。

運行時間は30分間隔ですが、早朝と夕方は15分間隔で運行していますし、朝6時~21時まで運行しているので、リアルに「便利」でもあります。
朝8時にはUSJに到着したい!ってときにも十分使えますよね。

観光で大阪を訪れてUSJに立ち寄りたいなんて方にも無料で船に乗れる上に、大阪の景観を楽しめるのでおすすめです。

他にもテーマパークにお得に行く方法は沢山あります。
一つ一つで節約できる金額は大きくないかもしれませんがいくつも組み合わせることで、ぐっとお得になることもあります。

裏技を知っているか知っていないかで大違いになりますから行きたいけど予算がな~~~ってときはお得な方法を調べてみてくださいね。