エクスペディアのアップルウォッチ対応アプリの使い勝手は?

エクスペディアのアップルウォッチ対応アプリ

旅行かばんから日程表を取り出さなくても手元に旅行情報が表示されます

2015年4月に発売されたアップルウォッチ。身につけるウエアラブル端末として注目が高まっていますがエクスペディアもアップルウォッチ対応のアプリを発表しました。しかし、まだアップルウォッチが具体的にどんな機能があるのかを知らない人も多いのではないでしょうか。

アップルウォッチで出来ること・・・

アップルウォッチ

スタンドリマインダー機能
 1時間ごとに立ち上がるようアナウンスをしてくれます。

音声認識機能「Siri(シリ)」
 iPhoneを取り出さなくても「最寄駅まで連れていって」などと話しかけることで経路検索などをすることができます。

電話の着信通知の確認
などなど、結構便利に使えるのがアップルウォッチです。

価格は4万6224円~。ただ、今、アップルウォッチの購入を考えているなら秋まで待ったほうがいいのかも?iOS 9が登場しネイティブアプリのサポートやサードアプリの各種センサーへのアクセスが追加されてApple Watchだけでスムーズに動くアプリが増えるそうです。

で、エクスペディアのアプリってどんなの?

このアプリは元々あったエクスペディアの旅行アプリをアップルウォッチにも対応させたようですね。エクスペディアが今回開発したアップルウォッチ対応アプリ「エクスペディア旅行予約」(Expedia flight & hotels)では以下の便利ポイントがあります。

エクスペディアの旅行アプリ

1.旅行日程を集中管理

旅行の一番大事な旅程、フライト、ホテルの詳細情報出発・到着ターミナル、地図、電話番号などを確認することができます。旅行をしている最中に必要な情報がすぐに手元で確認できるのが便利ですね。

2.フライト時間や遅延情報などをブルブル震えてリアルタイムで教えてくれます

フライト時間やホテルのチェックイン・チェックアウト時間を時計が教えてくれます。しかも、飛行機の遅延や出発ゲート変更なんかもリアルタイムで教えてくれるので初めての旅行先なんかでもアタフタせずに済みますね。

エクスペディアのアップルウォッチ対応のアプリを使ってみた感想

フライト時間や遅延情報表示例

結論から言うと、アップルウォッチを持っている人が旅行する際には、このアプリがあれば非常に便利になるのは確かです♪

まず、フライトが遅延していたり搭乗ゲートが変更になった場合などリアルタイムでそれらの情報を通知してくれます。さらにホテルの住所や地図、チェックイン可能な時間の確認もできますし、フライトからホテルの予約などまで旅行に関する日程について、一元管理することが出来ます。

既にスマホでもアプリは提供されていますが、それのアップルウォッチ版で時計の小さい画面でもわかりやすく表示されていて使い勝手は悪くありません。むしろスマホを取り出して操作するよりは、アップルウォッチで手軽に確認することが出来るので使いやすさは向上しています。

この先もアプリのバージョンアップが行われ、様々な機能が追加されていく予定になっています。ホテルの予約など旅行に関することをPCやスマホに頼ることなく完了させることが出来ますので、観光だけではなくビジネスシーンでも役立つアプリなのは間違いないでしょう。無料でダウンロードできますので、是非活用してみてください。きっとお得に旅行を楽しむことが出来ますよ。

ただ・・・こーゆー系のアプリで気になるのは、どこまでそのアプリを信頼できるかなんですよね。僕の性格なら、フライト時間や遅延情報など、ほんとにこのアプリの表示が正しいのか心配になって、結局パソコンで印刷した日程表を見たりするような気がします。それと、アップルウォッチって電池が1日もたないですよね。もし、途中で電池が切れていたらと思うと・・・そうゆうことが心配(笑)。

とりあえず、エクスペディアのアップルウォッチ対応アプリはこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。