バジェットホテルの予約法。安くても設備は文句なしのホテルに泊まろう!

budgethotel

国内旅行や出張で宿泊施設を検索していて、耳慣れないホテル名を目にすること多くありませんか。リーズナブルだけど、どうなんだろう、と口コミを読むことも少なくないのでは?

実は、近年、これまでのビジネスホテルから進化したバジェットホテルと呼ばれるリーズナブルなホテルが急増しているんです。宿泊費は抑えたいけれど、かといって民泊には抵抗がある、そんな時にははずせないホテルのひとつです。

バジェットホテルの位置づけ

そもそもホテルには、どんなランクがあるのでしょうか。もっとも高級と言われているのが、客室料金が1部屋5万円前後する外資系ラグジュアリーホテルです。パークハイアット東京やグランドハイアット東京、リッツカールトン東京、ペニンシュラ東京などが知られているところでしょうか。

それに次ぐのが、外資系参入以前には御三家と言われ高級ホテルの代名詞となっていた、ホテルニューオータニ、帝国ホテル、ホテルオークラなどのハイエンドホテル。さらに、鉄道や航空会社系の東急ホテルや京王プラザ、ホテル日航といった比較的リーズナブルなシティホテルがあり、客室料金が1万円台の東急インやサンルートといったエコノミーなビジネスホテルチェーンが続いていました。

ホテルライフを満喫したいなら話は別ですが、観光や街歩きがメインで少しでも宿泊代を節約したいという時は、リーズナブルなシティホテルやビジネスホテルを予約していた人が多いのではないでしょうか。ところが近年、それよりさらにリーズナブルなバジェットホテルと呼ばれる客室料金が1万円を切るホテルが相次いで登場し人気を集めているんです。

バジェットホテルとは?安かろう悪かろうではないバジェットホテル

バジェットホテルとは、サービスや設備を厳選することでコストを削減しリーズナブルな宿泊料金を実現している宿泊施設のこと。よく知られているのは、アパホテルや東横イン、ルートインといったところでしょうか。そこに最近では、ダイワロイネットホテル、ホテル ザ・ビー、トラスティ、ホテルマイステイズ、スーパーホテルといったチェーンが加わって、選択肢がグッと増えています。

ふだんあまり旅をしない人は、“いったい、どんなホテルなの?”と予約するのにちょっと不安を抱くかもしれませんね。もちろん、制服に身を包んだ凛々しいドアマンも、部屋まで荷物を運んでくれるポーターもいなければ、天井の高い広々としたロビーラウンジもありません。

が、安かろう悪かろうではありません。インターネット環境は整っていますし、テレビや冷蔵庫、湯沸かしポットなども大抵、置いてあります。アメニティも必要なものがあれば、フロントで揃えることができます。冷蔵庫の中身は空ですが、多くのホテルには近所にコンビニがありますし、館内にドリンクの自販機や製氷機が設置されているところがほとんど。部屋の狭さにさえ目をつぶれば意外なほど快適に過ごせるんです。

一日中、観光やショッピング、グルメに費やし、ホテルには“寝に帰ってくるだけ”という人にとっては、過不足のない自宅で寛いでいるような気分で過ごせるホテルといったところでしょうか。

リーズナブルなのに、枕が選べるバジェットホテルも!

そうは言っても、館内や部屋の清潔感は特に女性なら気になるところですよね。もちろん、稀にどうかなぁと思うホテルもありますが、バジェットホテルはオープンして日が浅いところが多いので、客室は大抵きれいに保たれていますし、気になるところがあれば、フロントに連絡して部屋を変えてもらうことも可能です。

もし、初めての利用で不安がある人は新しめのホテルを選ぶのもひとつの方法です。主要な観光都市はいま、バジェットホテルのオープンラッシュなので少なからず見つかるはずですし、上手くいけばオープン記念キャンペーンでさらにリーズナブルに宿泊できるかもしれません。

また、ホテルの増加にともなって独自のコンセプトを打ち出し差別化を図っているところもあります。その代表格が、エコ&ロハスを掲げているスーパーホテルです。チェックイン・アウトの手続きも、領収書の発行も自ら機械でやらなければならない一方、体にいい朝食が無料で楽しめますし、多くの場合、館内には天然温泉もあります。何より、枕が選べて部屋の水は健康イオン水。女性用アメニティはオーガニックで天井も天然素材とその快適さを追求したホスピタリティには驚くばかり。

観光名所を徒歩で移動することが多い奈良駅前のスーパーホテルの部屋には、裸足で過ごせるよう畳が敷いてあったり足の疲れをとるグッズがさりげなく用意されているなどまさにかゆいところに手が届く気配りなんです。

バジェットホテルの賢い予約方法とは?

では、そうしたバジェットホテルは、どこで予約したらいいのでしょうか?一番簡単なのは、エクスペディアなどのホテル予約サイトの利用でしょう。複数のバジェットホテルの空室を一括で検索できて価格の安い順に表示させることが可能です。

また、エクスペディアでは、航空券とセットで予約すると宿泊料が割引になったり、クレジットカードで支払いすると8%引きになるクーポンなどを用意していますので、それらを利用すれば、かなりリーズナブルに宿泊することができます。

ただし難点は、繁忙期はいち早く満室になってしまうこと。意気込んで予約しようと日付を入力したら、×マークの嵐なんてこともありますから早めの予約が肝心。もし、満室だったらそこであきらめずにJR系の列車とのパックプランをチェック。これはバジェットホテルに限ったことではありませんが、ホテル予約サイトで満室の場合でも新幹線とのパッケージなら取れる場合がありますから繁忙期に出かける際にはトライしてみてください。

バジェットホテルは、国内のみならず海外でも需要が高く独自のサービスで人気を集めているところも多々ありますから、宿泊代を節約したい向きには覚えておきたい選択肢のひとつ。ちなみに、ラグジュアリーやハイエンドホテルは宿泊代が高額でなかなか手が出せませんが、開業●●周年といった時にリーズナブルな価格で泊まれることがあるので、そういった機会を逃さず利用しましょう。