電車の旅を満喫するならお得なフリーパスでしょ!

hokkaidouhuri-pasu

電車の旅は広範囲を移動しつつ風景や観光を楽しめるのでとても魅力的ですが、反面交通費が意外とかかってしまいますよね。

  • あちこち回るなら、現地に到着後はレンタカーを借りる?とか
  • 1箇所2箇所に絞って観光する?とか

交通費の高さがネックになって色々旅行に制約が出てしまうことがあります。
そんな問題が一気に解決されるのが「フリーパス」です!

「JR北海道フリーパス」は7日間有効

北海道フリーパスはJR道内全線を対象とした7日間有効で26,230円というものがあります。
これだけだと、そこまでお得感はないかもしれませんが、なんと航空券+宿泊パックのオプションとして発売されるフリーきっぷだと23,000円で購入できるんです。
指定席利用回数の制限もありません。
飛行機で北海道にいき、北海道旅行を楽しみたいなら断然鉄道ですよ。

ツーリングを楽しみたいという人は別ですが、北海道は広いので車で移動しようと思うとかなり大変です。
ほとんどが移動時間ばかりになってしまいます。
その点鉄道なら、早いし、到着までおしゃべりや駅弁を楽しめます。
このきっぷは「札幌」「道央」「道南」「道東」「道北」の5種類のエリア限定版もあり、もっと格安の値段設定になっています。
行きたい期間や場所に合わせて選べばとってもお得に旅行が楽しめますよ。

首都圏の日帰り旅行なら「休日おでかけパス」

首都圏に旅行に行くなら、「休日おでかけパス」がとってもお得です。
1都6県をカバーした1日乗車券で土日、GW、夏休みにも利用できます。

値段は2670円ですが、成田空港から小田原までの運賃が3024円ですから片道の移動でも元が取れてしまう計算です。
範囲外に出るときでも差額を払えばOKなのでかなりお得ですよね。
首都圏周辺を満喫したいなら、休日お出かけパスが断然おすすめです!

「四国フリーきっぷ」はJALパックで買うと半額に!

四国フリーきっぷは2種類あります。
JR四国が発売しているものは有効期間3日間で16,140円です。
ところがJALパックの「パワーアップ四国」のオプションで発売される四国フリーきっぷは同じ有効期限でなんと10,500円なんです。
6000円近くも値段に差があるんです。

しかもJRの「四国フリーきっぷ」では利用できない指定席もJALのオプションである「四国フリーきっぷ」なら当日予約限定で使える上に子供料金は半額になります。

往復航空券+宿泊パックの購入者のみが購入できるきっぷですが、飛行機で四国に行くなら、JALで行くと飛行機代が少し高くてもトータルで計算するとずっとお得になります。

ANAスカイホリデーやHISでもオプションとして発売されているので四国に行くときにはレンタカーを借りるよりもお得ですね。

フリーきっぷは各都道府県や自治体などで色々発売されています。
乗り放題きっぷを使うだけで、旅行がかなりお得になります。
事前に調べて旅行の計画を立ててくださいね。