2万円で行く!「ゆったり」北海道の旅を満喫できる特急列車の旅

JR北海道 温泉紀行の詳細

国内旅行で人気の都道府県として名前が上がる場所といえば北海道です。

札幌は時計台に大通り公園、羊が丘展望台。
ラーメン、ジンギスカン、スープカレー。
小樽は小樽運河にオルゴール堂に北一硝子。
函館は市場で早朝から激安価格の海鮮丼を食べ、夜はロープウェイできれいな夜景。
旭川動物園に登別クマ牧場、マリンパーク、富良野ラベンダー畑に北の国から撮影地。
稚内は宗谷岬や網走で流氷見物。
美瑛にある青い池は最近主要観光地として人気が急上昇しています。

とにかく魅力的なスポットが北海道には山ほどあります。
見るもの、食べるもの、遊ぶ場所、体験するもの。
観光旅行にピッタリの場所なのです。

ただ、問題は北海道の広さです。
「北海道はでっかいどう」なんてジョークがありますが本当に広いです。

よく北海道に旅行に行きたい!なんて人のプランを聞くと
「3泊4日で新千歳空港からまず函館に行き、海の幸を堪能する函館観光。
札幌観光と旭川動物園を見て洞爺湖なんかも見に行きたいな~」なんて言います。

正直、無理!!!
こんなプラン、ほとんど移動時間で終わってしまいます。
函館と札幌の間は高速を飛ばしても5時間くらいかかります。
札幌から旭川動物園も4時間くらいはかかるでしょうか。
つまり、「大阪旅行に行ったついでに姫路に行って名古屋にも足を伸ばして」
って無茶なプランを立てているのと同じことなんです。

そんな北海道旅行の鍵となるのが「特急列車」です。
レンタカーを借りて車で移動するのも良いのですが
とにかくひたすら運転しているばかりになってしまいます。
電車なら途中下車しながら名産品を食べたり駅弁を食べたりと
色々しながら移動できるので利便性が非常に高くなります。

おすすめなのがJR北海道の旅行部門「ツインクル」が発売している
特急列車+宿泊パックのプラン「温線紀行」です。
宿泊先が北海道の温泉地の旅館に特化したスタンダートプランと
客室露天風呂付きなどワンランク上のホテルに特化したプレミアムプランの2種類があるプランです。

プランの例は
札幌駅発着 湯の川温泉「湯本啄木亭」4名1室で朝夕食付きプランが2万円程度です。
札幌から函館までの運賃+特急代金は往復17,660円なので
3000円程度プラスしただけで高級旅館に1泊できる計算で非常にお得です。

主な出発駅は札幌、小樽、苫小牧、釧路、稚内、函館など全域で
このプランを使えば北海道内の温泉が網羅できます。

更にこの「温線紀行」はのんびり列車の旅を楽しみつつ
道内各駅からレンタカーや貸し切りタクシー、
周遊バスのオプションも付いているといます。
普通に列車を乗って温泉地をめぐるよりもずっとお得に北海道内を移動できます。

北海道旅行のキーワードは「ゆったり」。
あれもこれもと欲張りすぎてしまうと移動時間だけで終わってしまいます。
2回、3回と訪れるくらいの気持ちでゆとりをもったプランを組み立ててくださいね。