「レール&レンタカーきっぷ」現地でレンタカーを借りて旅行先でもスムーズに移動しよう!

1-rentalcar

比較的近場の旅行なら、自宅から自家用車で行くと言う方法がとれますが
遠方まで旅行に行こうと思ったら車で行くというのは大変ですよね。
運転するのも負担ですし、渋滞や事故に巻き込まれる心配もあります。

かといって現地に着いて動き回るにはやっぱり車が便利です。
せっかくの旅行だから、少しでも多くの場所を効率的に動きたいというとき
公共交通機関を利用していると、どうしてもタイムロスが多くなってしまいます。

新幹線とレンタカーの組合せ「レール&レンタカーきっぷ」

現地までは新幹線で行き、現地に到着したあとには
レンタカーを借りて行動するというのがおすすめです。
その時に活躍するのが「レール&レンタカーきっぷ」です。

「レール&レンタカーきっぷ」利用の条件は…

  • JR線の営業キロを201km以上利用すること。
    (片道201km以上でも、往復で201km以上でもかまいません。)
  • 最初のJR線の発駅から、駅レンタカーの利用駅まで101km以上離れていること。
  • JRのきっぷと駅レンタカー券を同時に購入すること。

など、いくつかの条件を満たすことで
新幹線が20%オフ、特急が10%オフ、レンタカーが20%オフになります。
インターネットにて、駅レンタカーの予約申込をして、
JR駅窓口に行き、係員に「レール&レンタカーきっぷ」を購入したいと伝えてください。

「レール&レンタカーきっぷ」どのくらいお得になるのか?

どのくらいお得になるのか?というと、東京から新幹線で新函館まで行き
新函館から東京まで往復すると43,060円のところ、割引で38,500円になります。
大人一人4,560円もお得になる計算です。
大人二人、子供二人の家族4人で利用した場合には
129,160円が115,480円になるので13,680円安くなる計算です。

レンタカーの相場が一般的なSクラスの車を2日間レンタルで
だいたい15,000円くらいなので家族旅行でレンタカーを借りるなら、
「レール&レンタカーきっぷ」を使うのが断然お得になるんです。
本来の新幹線代だけでレンタカーも借りられる計算になります。

旅行先でレンタカーを利用する場合にはいくつか注意したい点があります

1.運転は慎重に

慣れない車はマイカーと感覚が違うため、運転にとまどうことが多いです。
しっかり車体の大きさを確かめましょう。
運転に自信がない人は、マイカーよりも縦横幅が小さい車を選ぶと安心です。
駐車時には同乗者に外に出てもらってオーライと声掛けをしてもらうのも良いでしょう。
マイカーと同じ車種があるなら、それを選ぶと安心です。
せっかくだから大きい車に乗りたい!と欲張るのは危険です。

2.カーナビは不要かも

カーナビのレンタル料金はオプションになることが多いです。
しかも小型で画面が見にくい、型が少し古いこともあります。
スマホのカーナビ機能を利用すれば十分でしょう。

3.観光名所に駐車場があるかチェック

観光名所と呼ばれる場所には大体駐車場がありますが
京都など駐車場が少ない観光地もあります。
シーズンによっては現地での渋滞がひどく、車が動かなくなるということもありますから
かならず観光名所に駐車場があるか、シーズン的に車でもOKなのか
確認しておくと安心ですね。

上手にレンタカーを活用して、旅の充実度をアップさせましょう!