青春18きっぷを使って旅行を満喫!裏技6連発!

1-18kippu

鉄道好きの人や、少しでも安く旅費をあげたい!ということで
青春18きっぷの利用を考えている人も多いですよね。

「鈍行しか使えないんでしょ?」「利用がちょっと面倒そう」
なんて印象で敬遠している人も多いのですが
売り出す度にかなりの枚数が売れる人気の切符なんです!

今回は青春18きっぷの裏技を6つご紹介します。

1.目的は列車に乗ることである!

もちろん旅行なので、目的地に行くことも大事です。
目的地での観光もとっても大事です。
けれど、せっかく青春18きっぷを使って旅行をするなら
旅の第一目的は列車に乗ることにすると楽しさが増します。
到着した場所での観光をメインにしたいなら青春18きっぷの魅力は半減してしまいます。
車窓から眺める季節の風景。
珍しい列車。
そこでしか食べられないご当地弁当。
こうしたものをきちんと調べて列車の旅を楽しみましょう。

2.暇つぶしグッズは忘れずに!

普通列車で移動するのは、とても時間がかかります。
車窓の風景がどんなに美しくても、時には住宅地が長く続いてしまったり
飽きてしまうときもありますよね。
そんな時に備えて暇つぶしになるグッズは必ず持参しましょう。
スマホはバッテリーがなくなることもありますので
必ずスマホ以外にも書籍や雑誌、ゲーム機など暇つぶしグッズを持参しましょう。

3.食事をする場所は予め決めておく

お腹が空いたら適当なところで降りてご飯を食べればいいか~
と行き当たりばったりに考えておくと大幅なタイムロスにつながります。
地方の小さな駅では売店も飲食店もないことも多く
大きな駅でも時間帯によってはお店が開いてなかったり
自分好みのお店がなかなか見つからないなんてこともあります。
事前にその駅で食べられる名産品はなんなのか?
どのお店が安くて美味しいのか?
営業時間は何時から何時なのか?
など必要な情報は集めておきましょう。

また、普通列車の場合はロングシートだと駅弁も食べにくいです。
目当ての駅弁を食べたいのであれば、どの時間のどの電車の
どの車両に乗ればいいのかなどをきちんと調べておきましょう。

4.トイレは車内で済ますこと

トイレは乗り換えのときにと思う方が多いです。
ただ考えることは皆同じということで、ホームのトイレは混雑しがちです。
万が一にも予定していた電車に乗り遅れてしまったり
駆け込み乗車で目当ての座席を確保できなかったりすると
その後の旅行への影響も大きいですよね。
トイレはなるべく車内で済ますのがおすすめです。
車両の端にはトイレがあるので近くに乗車しておくと便利ですね。

5.早めに並ぶこと

長時間、長距離普通列車に乗り続けるのは若い人でも体力的にかなりつらいものがあります。
通勤時間以外なら空いてるでしょ?というのは都会の話です。
地方によっては地方だからこそ電車編成が減っていたり路線を絞っていたりで
時間帯によっては混雑していることもあります。
時間ギリギリに到着するのではなく、必ず電車が発車する時間よりも前に
ホームに到着して並んでおくようにしましょう。

6.移動時間は6時間まで

列車が好きで何時間でも乗っていたい!!という人でも
以外に電車に乗っているのは体力を消耗します。
せっかくの旅を最初から最後まで満喫するためには
移動時間は6時間までにしておきましょう。
家に帰るまでが修学旅行と言うように、家に帰るまでが旅行です。
時間や体力に余裕を持った計画を立てるようにしましょう。