「大黒屋トラベル」の株主優待航空券で直前でも安く飛行機に乗れる!

daikokuya

飛行機は搭乗予定より早くに予約すればするほど安くなります。
出張や結婚式、観光などいろいろな理由で飛行機に乗ると思いますが
早ければ早いほど安く確実に飛行機を抑えることができるため
まず予定が発生した段階で予約するというのが鉄則です。

3月に卒業旅行に行くつもりであれば、3ヶ月前である12月には
ある程度の予定を建てて、飛行機だけでも予約しておきたいです。
夏休みの旅行であれば、4月には予定を建てて予約を抑えておきたいです。
そうすれば安く飛行機に乗ることができるからです。

では、直前で予定が入ったときはどうしますか?
急に親の体調が悪くなって飛行機の乗る必要ができたら?
急なトラブルで出張に行くことになってしまったら?
休める予定ではなかったのに、急に休みが取れることになったら?
大好きなアーティストのライブを直前に譲ってもらえることになったら?

急に飛行機に乗る必要が出て来るときって人生で何度かあると思います。
そんな時でも飛行機のランクは落としたくない。
ANAかJALに乗りたい。
LCCでもマイルは貯まるけど、やっぱり大手航空会社に乗りたい。
直前だから諦めて正規料金を払いますか?
事前予約で安い金額に慣れていると、正規料金はとても高く感じますよね。

そんな時には「大黒屋トラベル」のサイトで株主優待券を探すのがおすすめです。
運賃が半額になるのでお得に飛行機に乗ることができるのです。

ただ株主でない場合には、金券ショップへ足を運んで
株主優待券を探さなくてはいけません。
急いでいるときに金券ショップまで行くのは面倒ですし、そんな時間がないことも多いです。

そこで大黒屋トラベルなのです。
オンライン予約サイトにアクセスして、出発空港と到着空港を選択肢
出発日を選んで検索すると普通運賃の横に株主優待券付きの運賃が表示されるのです。

例えば週末に急な出張が入ってしまった歳。
ANAの羽田―福岡間の片道航空券は43,890円ですが
大黒屋トラベルの株主優待券付きなら半額の26,590円で購入できるんです。

もちろん、LCCを使えば更に安い金額で飛行機に乗ることができます。
しかし出発空港が羽田ではなく成田になってしまったり
早朝発の便など不便な時間帯しか残ってないケースが多いです。

予算ありきでLCCを選択するというのも賢い方法ですが
利便性などを考えるとANAやJALも非常に魅力的です。
大黒屋トラベルなら公式サイトの株主優待割引運賃よりは高くなりますが
手数料だと思えば高いものではありません。

多少時間に余裕があるのであれば、LCCと大黒屋トラベルで株主優待付きを
どっちを買うべきか比較してみると良いですね。

繁忙期でLCCの座席が全部埋まってしまって、旅行にいきたいのに飛行機が見つからない。
そんなときにも割安に飛行機が利用できるのでおすすめですよ。