航空券の基礎知識!おトクに海外へ行くために必要なこだわりポイント

1-hikouki

「海外旅行へ行きたいけど、今までに経験がない!」という方にとって、初めての海外は楽しみであり、不安要素もたくさんあります。
言語や習慣などが違うことはもちろんですが、行くまでの予約や搭乗なども、知識が必要となります。
今回はそんな初めての海外旅行者のために、現地に行くまでに必要な情報をご紹介いたします。
少しでもおトクに海外旅行を楽しむためにも、様々な知識を知っておきましょう!

航空券の購入はネットで比較

まず海外旅行へ行くために、航空券の購入が必要となりますが、おトクな海外旅行を楽しみたければ、購入はネットがベスト!
購入の助けになる、スカイスキャナーやトラベルコちゃんなどのアプリを利用すれば、料金や行先の比較が可能なので、おすすめです。
気軽に航空券が購入できますし、膨大なデータ量から、適切な情報を自動的にピックアップしてくれます。

ただ、最初はどうしても不安であれば、旅行代理店で手続きをする方法もあり。
航空券を自分で選択したり、他社との比較をすることはできませんが、実際に旅行へ行くルートの相談や、ツアーなどの確認も行うことができるなど、「プロ」と話ができるという点では、初心者におすすめの選択方法です。

LCCを利用する利点は?

海外旅行をおトクに楽しむためには、やはりLCC(格安航空会社)の存在も無視できません。
航空券の価格は、レガシーと比べるとLCCが圧倒的に安く、セール運賃の場合は驚くべき安価になることも少なくありません。
レガシーの場合は早期割引やマイルなどもありますが、基本運賃に関しては完全にLCCがおすすめとなります。

ただし、サービスの場合はLCCがレガシーに大きく劣ります。
必要最低限なサービスだけの航空が多く、機内食や毛布などは有料である場合がほとんどです(レガシーの場合、基本的に無料)。
また遅延した場合の代替便などもLCCでは設定されておらず、大幅に待たされることもたびたびあります。
また乗る便自体に遅刻してしまうと、最悪置いていかれることもあるので、早朝便であっても遅刻は厳禁です。
サービスは不要でおトクな旅を楽しみたい、ということであれば、LCCの利用がおすすめとなります。

3つの航空券価格もチェック!

航空券の種類も3つに分かれるので、少しでもおトクな航空券を入手できるようチェックしておきましょう!

正規航空券

国際航空運送協会によって決められた定価の航空便です。
基本的に購入することはありませんが、飛行機便に遅刻してしまった場合など、こちらの航空券で買わなければいけない場合があります。

正規割引航空券

現在主流となっているのが、こちらの航空券です。
航空会社が独自に設定(割引)した価格の券で、会社によっては非常に安価となります。

格安航空券

正規の割引航空券よりも安い券ですが、最近はオンラインを含む旅行会社でのみあつかわれています。

トランジットとオープンジョーを上手に利用しよう

出発地から目的地へ行き、再び出発地へ戻るだけでも、様々な方法が考えられます。

往復航空券

最もスタンダードな方法がこちらで、出発地と目的地が同じである場合です。
基本的に理解しやすく、初心者にも向いています。
同じ都市に複数の空港がある場合、料金が同じ場合があるため、自分の都合に合わせて選択することもできますよ。

トランジット(ストップオーバー)

遠い場所への海外旅行なら、ストップオーバーを使うのが良い方法です。
例えば東京からイギリスのロンドンへ行きたい場合、経由地であるドーハに行ってから、ロンドンへと再び行く方法です。
この方法は通常の航空券よりも安い場合が多く、経由地での滞在や観光も楽しめます。
なお、24時間以内の乗り継ぎをトランジット、24時間以上の場合はストップオーバーと呼びます。

オープンジョー

初心者には少々難しいタイプですが、到着地と出発地を別にする方法もあります。
例えば目的地が中東のアブダビ空港である場合、バスへ隣のドバイに向かって観光し、そのままドバイから帰国するという仕組みです。
自分で航空券や鉄道の切符を購入したり計画を立てる必要がありますが、LCCの発達した欧州では飛行機が安い場合が多いため、おトクに利用できます。

なお、航空券を購入する際、航空券検索サイトなどで「複数都市」を選択しておくと、ストップオーバーやオープンジョーを無料で利用できることがあるので、慣れた方は選択肢の一つにしてもいいでしょう。

他にもこだわろう!こんなトコロ

航空券の価格を比較する際に気をつけたい点が、「航空機代」以外に必要な価格があるかどうかです。
例えば燃油代や空港使用料などで、航空会社によっては、これらを含まない額が提示されている場合もあります。
金額によっては倍以上になることもあるため、総額の値段で比較するようにしましょう!

またこだわるならば、飛行機の機体も選んでみましょう。
ボーイング社ならば、天井が高く居心地の良いB747-8がベスト!
エアバス社なら世界最大を誇るA380が、シャワールームやラウンジなども完備しており、おすすめです。
実際に乗ってみると、細かい部分に魅力を感じることができますよ。