大江戸温泉物語セットプランで成田発着LCCの深夜&早朝便をお得に使いこなそう!

1-ooedo

LCCを使いたいから成田空港を利用する!って人が増えていますよね。
大手航空会社に比べて断然、航空代金がお得なLCCですが
その分、深夜到着便や早朝出発便も多いんです。

このとき、どこで時間を潰すか。
これはその後の充実度を大きく左右することになります。

早朝出発する飛行機なら、早朝には成田空港にいなければいけません。
でもそんな早朝に成田空港に到着するって難しいですよね。
あまり早い時間だと当然、電車やバスは動いていません。
タクシーを使って乗りつければ高くつきます。
自家用車で来るというのも、駐車代金がバカにならないので
せっかくLCCで安上がりにするメリットが消えてしまいます。

では、どうすれば早朝に成田空港に到着することができるのか?

答えは前乗りですよね。
前日の夜に到着して、時間を潰して早朝の飛行機に乗る。

反対に、旅行を楽しんで帰ってくる飛行機が成田に深夜到着の場合。
これも終電が終わってしまっているので自宅に帰ることができません。
どこかで時間を潰して、朝を待って帰宅することになります。

空港のベンチで時間を潰しても良いのですが…疲れます。
旅行に行く前に疲れるのも困るし、旅行でくたくたになっているのに更に疲れるのも辛いです。

そんなときにおすすめなのが「東京シャトル」と「大江戸温泉物語」を組み合わせた「大江戸温泉物語セットプラン」です。

事前に購入した東京シャトルの乗車券を大江戸温泉物語の入館時に提示すると
利用料金が1200円になります。

大江戸温泉物語の利用料金は午後6時以降に適用されるナイター料金が1980円。
深夜2時以降の滞在は追加料金で+2000円が必要になるので合計3980円です。
これが1200円で利用できるのはかなりお得ですよね。

注意が必要なのは東京シャトルを利用する時には必ず事前予約(決済)をしておくことです。

予約しないと運賃が2000円ですが、予約するだけで900円になるからです。

大江戸温泉物語の1200円を足してもたったの2100円なので
タクシーや自家用車で成田空港へ行くよりも何倍もお得になります。

例えば6時30分に出発するLCCに搭乗したいなら
前日の午後8時に大江戸温泉物語に到着し、
3時40分に大江戸温泉物語を出発する東京シャトルに乗車します。
すると成田空港には5時15分頃に到着できるので余裕を持って搭乗できます。

これなら仕事帰りで疲れた人でも、温泉でリフレッシュして
体力を十分に回復してからLCCに搭乗することができますよね。

逆に深夜に到着して、東京シャトルに乗り込んで大江戸温泉物語で降りたら
朝まで温泉でリフレッシュ!
ゆっくりして体力を回復させれば次の日がぐっと楽になります。

せっかくLCCを利用するのに、滞在費用にお金をかけるのはバカらしい。
かといって、空港で時間を明かすのも体力的につらい。
そんなときに賢く滞在できる場所を確保しておくと旅がもっと身近になりますね。
深夜到着便、早朝出発便しか選べなくても安心してLCCが利用できるようになりますよ。