ピーチの機内食に注目!結構、美味しくてヘルシー

peach_menu

長時間のフライトで楽しみなものと言えば機内食という人も多いですよね。
機内食が美味しいから、この航空会社を使うことにしているという人もいます。

しかし逆に機内食を楽しみにしていたのに、食べてみたらガッカリ。
思ったよりも美味しくなかった、なんてこともあるんです。
些細なことですが、これは旅行の快適度にも大きく影響します。
事前に機内食の味やメニューは調べておきたいことの一つですね。

人気なのはトルコ航空 ターキッシュエアラインの機内食です。
メインは肉、魚、パスタから2種類選ぶことができ、オードブル、サラダ、デザートがつくので
ボリューム満点な上にヘルシーなんです。
イギリスのスカイトラックスのベストケータリング賞も受賞しています。

シンガポール航空の機内食も非常に人気が高いです。
凄腕のシェフ9人が集まって開発されたという機内食は味に定評があります。
この中の一人には京都「菊乃井」の村田吉弘氏がいて
日本発着の路線で食べることができます。
こんな美味しい機内食を食べたことがない!と言う人もいるほどです。

ニュージーランド航空はアフタヌーンティーがかなり好評です。
キウイフルーツをつかったスイーツ、スコーンやジャムが人気です。
日本初のニュージーランド航空では和食を食べることもできます。

さて、日本の航空会社の機内食ですがこちらも頑張っています。
近年女性に人気が高まっているのがPeachのカロリーオフセットです。

カロリーが気になる女性向けに開発されたというだけあって
野菜がたっぷり、揚げ物などがなくさっぱりした内容となっています。
こちらは有料でのサービスですが、和・洋・エスニックと選ぶことができるので
機内食で迷ったら選択肢の一つに入れたいですね。
勿論女性向けに開発されたものですが、男性が注文することもできます。

内容は和食は塩焼きの鶏肉などが入った「ヘルシーそばサラダのよりどり弁当」。
洋食がサーモンを蒸した「トラウトサーモンのバジルクリームソース」。
エスニックは鶏ムネ肉と雑穀米を合わせた「十六穀米とキーマカレー ラタトゥユ添え」です。

いずれも400キロカロリー前後と、かなり低カロリーに抑えられています。
旅行先で美味しいものは食べたいけど、機内食ではカロリーを抑えたい。
糖尿病などで食事制限があるなんて人にもいいですね。

しかもこの機内食、美味しくてヘルシーなだけではありません。
この機内食を食べると社会貢献をすることができるんです。

東京のNPO法人、テーブル・フォー・ツー・インターナショナルと連携しているため
先進国の余分なカロリーを途上国で必要なカロリーに変換するというプログラムが適用され
1食あたり数十円が寄付される仕組みです。
この寄付されたお金は開発途上国の学校給食などに使われます。

旅費を節約するためにおにぎりを持ち込んでも良いのですが
せっかくなら美味しくてヘルシーで社会貢献も出来てしまうカロリーオフセットを食べてみてください。