LCCはイヤだけど安い航空券を購入したい!PEX航空券と団体割引航空券を狙え!

1-sakitoku-syousai

沖縄に行ってみたいけど、LCCには乗りたくない。いくらぐらいかかるんだろう? そう思ってPCのキーボードを叩いても、なかなか答えは見つからない。なにせ、出発便はたくさんあるし運賃もバラバラ。いったい航空券の運賃ってどうなっているのでしょう。どうしてこんなに価格差があるのでしょうか。1円でも安いにこしたことはないけれど、それだけで決めてしまっていいの? 

LCCを除く航空券には、どんな種類があるの?

大きく分けてノーマル、PEX、団体割引の3種類があります。

ノーマル航空券とは

航空会社が正規運賃で販売しているチケットのこと。正規運賃といっても新幹線などとは違い、いつ、何時の便に乗っても同じというわけではありません。以前は均一でしたが、現在は利用するシーズン、平日か週末か、早朝便か深夜便かなどによって運賃が大きく違います。

もっとも安いのがオフシーズンの平日発着の往復です。特に月曜、火曜あたりの出発は、運賃がグンと下がります。旅程を1、2日前後にずらすだけでもかなり変わってきますから日程に余裕があればおすすめです。

また、突然のスケジュールの変更の可能性があるなら、多少お金を払ってでもノーマル航空券にしておくのがよいでしょう。正規料金ですから制約がほとんどありません。予約の変更も払い戻しも無料でできますから、なにかあった時でも安心です。ほとんどの場合シートリクエストができますし、マイレージも100%加算されます。運が良ければビジネスクラスへのアップグレードも叶うかもしれませんね。

いちばんの狙い目、PEX航空券って?

もうひとつが、PEX(PURCHASE EXCURSION FARE)と呼ばれる、航空会社が正規で販売している割引運賃のことです。これが結構、あります。以前は、航空会社の割引運賃といえば往復割引か小児運賃ぐらいしかありませんでした。ところが、LCCの登場による競争の激化でJALやANAなどでもほんとうに細かな割引運賃を設定しています。

国内線の場合、ぜひ覚えておきたいのは、JALなら「先得」、ANAなら「旅割」といった、早めに買うと安くなる割引チケットです。これとて「ウルトラ」やら「スーパー」やらのグレードがあってひとつではありませんが、早く予約すればするほど安くなることは間違いありません。

たとえば、75日前までに購入のJAL「ウルトラ先得」

JALのウルトラ先得

JALの「ウルトラ先得」なら格安航空券と大差ない価格の場合もありますから、夏休みや冬休みなどあらかじめ旅程が決まっている時にはぜひ使いたいところです。基本的にマイレージはつきますし、インターネットチェックインも可能。エアラインによっては追加料金がかかる場合もありますがシートリクエストもできます。

ただし、ノーマル航空券と違って制約もあります。これも割引の券種によって多少の違いはあるようですが、基本的には予約の変更ができませんしキャンセルした場合には手数料がかかってきます。オフシーズンの旅を考えているのなら、あまりあせって予約することもないかもしれません。

一方、直前だからこそ安くなる運賃もあります。65歳以上のシニアや12歳以上22歳未満のジュニアはJALもANAも当日割引があります。予約ができず空席があることが条件ですが、もし、繁忙期をはずして家族旅行に出かける場合などは、選択肢のひとつに入れておいてもいいかもしれません。

海外の航空券も、まずはPEX航空券をチェック

国際線のPEX航空券は、主にタイムセールや期間限定、ホームページ限定で販売されるキャンペーンのチケットが大半です。これも基本的には2か月前など早めの予約を対象にしているものが多いようですが、中には、欧州系の大手航空会社でも、格安航空券並みの価格で販売されていることがあります。旅の目的地が決まっている場合は、直航便を就航しているエアラインのホームページも、ぜひのぞいてキャンペーンがあるかどうかをチェックしておきましょう。

団体割引の格安航空券は最後の手段に

そして、最後のひとつが団体割引航空券と呼ばれるチケットです。これは航空会社が旅行会社に販売している団体割引チケットのひとつ。旅行会社がそれをツアーでは使わずバラで販売しているものです。旅行会社がどのぐらい手数料を取るかによって価格は異なってきますが、もともと格安に販売されているものですから安いことに変わりはありません。

PEX航空券がとれなかった時はこれも選択肢もひとつ。ただし制約は多くなります。まず、予約の変更はできませんしキャンセルしても払い戻しができません。また、シートエリアが決まっているためリクエストもできません。それにマイレージがつかないこともありますからそのあたりを踏まえて選びましょう。

チケット購入の鉄則は、早め早めのアプローチ

いずれにせよリーズナブルなチケットを入手したいなら、GWが終わった後や夏休みの前後などシーズンをはずすのがいちばん。ノーマル航空券自体が安いですしキャンペーンなどPEX航空券も出やすい。もし、旅程がずらせないなら「ウルトラ先得」などPEX航空券狙いで。そして、それらがいずれもダメな場合に団体割引航空券を選びましょう。ノーマル航空券やPEX航空券は旅行会社で購入すると手数料が発生する場合が多いので、航空会社公式のWEBサイトから購入しましょう。

ちなみに、旅行検索サイト「スカイスキャナー」が発表した、いちばん安く海外航空券が購入できるタイミングは、平均して5か月前とのこと。なぜかハワイだけは1か月前だそうですが、シドニー、ニューヨーク、ロンドンなどは、いずれも5か月前の予約がベストなのだとか。LCCであれ海外のレガシーキャリアであれ、1円でもリーズナブルに購入したいなら、早め、早めの予約がいいようです。

割引運賃、格安航空券などの選択肢が増えたのは、うれしいこと。せっかくだから、ちゃんとメリット、デメリットを知って活用したいものです。